組立簡単シリーズ!FLEXISPOTスタンディングデスク『E9WM』レビュー|肩こり・腰痛の原因に対策

『EC9WM』組み立て簡単 FLEXISPOTの電動昇降式スタンディングデスク レビュー 口コミ 評価 メリット デメリット

どうも、腰痛ブロガーの山頭火です

在宅勤務が長引くなか、作業姿勢の大切さを痛感し、昨今ブームの昇降式スタンディングデスクを導入することにしました。

山頭火

食卓で作業をしていたら↑のような典型的な猫背になり、肩・腰が限界に達しました

ただ、調べてみると「スタンディングデスクは組み立てが大変」とのレビューがたくさんあり。Youtubeのレビュー動画などでも工具を使った面倒な様子がわかりました。

そんな中、Amazonで「組み立て簡単!」をうたった、FLEXISPOTフレキシスポットの『EC9WM現在はメモリー機能がアップグレードされE9WM)』という商品を発見!(2021,4月に発売されたばかり!)

さっそく購入したので、実際に使用するまでをレビューします。

山頭火

届いてすぐに使える簡単設計でした♪分解も簡単なので今後引っ越しの予定がある人にもおすすめです。

\組み立て簡単・高さメモリー機能あり/

FLEXISPOT『E9WM』商品概要|どこが簡単?

FLEXISPOT 簡単組立 『EC9WM』仕様表

簡単組み立て以外はふつうのFLEXISPOTと同じです。価格が3,2000円と安いためか『高さメモリー機能』はありません 最近メモリー機能が追加されたようです😂

天板と脚が別で配送される他のFLEXISPOTと違って、梱包も1個。その分、梱包サイズは131.5×72×18cmと大きくなります。

ふつうのFLEXISPOTと『E9WM』はどこが違うのか?

これまでに「組み立てが大変だぁ」と、散々レビューされていた歴代のFLEXISPOTスタンディングデスクたち。

大変さの原因は、主にビーム部分の作成と取り付けにあります。

よし子さん

ビームってどこのこと?

組み立てが大変なビームって?

ビームは『骨組み』という意味で、電動昇降デスクの場合はそこに

  1. モーター
  2. 電源コード
  3. 支柱+脚
  4. 回転を伝えるシャフト

といった部品が組み込まれています。

まずビームを作成して、天板を打ちつける。といった感じです。

その点『EC9WM』では、予め天板に一部のビームが固定されています。あとは脚を作れば完成するわけです。

こちらの組み立て動画をごらんください。

開封時からビームが出来上がった状態です。あとは脚をつけるだけ。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

動画の長さも、他の種類は2〜3分のところ、こちらは40秒という短さ。このシンプルさが魅力です。

シェアするボタン👇