昼間も見れるおすすめプロジェクター!選びかた・明るさの基準を解説|Anker・XGIMI

よし子さん

お昼間も使えるプロジェクターが欲しい!

  • 大好きなアーティストのライブを大画面で
  • アマゾンビデオ、ネットフリックスで映画やドラマ
  • Switchやプレステで大画面ゲームプレイ
  • 思い出の写真やビデオを鑑賞
  • テレビ代わり

などなど、プロジェクターを使えば、リビングがエンターテイメントの中心に早変わり!コロナ禍で増えたおうち時間を充実させるため、導入する家庭が増えています。

ただ、選び方によっては「昼間は映像が薄くてみえにくい」こともあり「せっかく買ったのに夜しか使えない」といったもったいない使い方しかできなくなります。

そこで今回は、夜間はもちろん、昼間でも大活躍するプロジェクター

  • 選びかた
  • 明るさの基準
  • 上記の基準に沿ったおすすめプロジェクター

をご紹介します。

山頭火

おうちシアターに後悔の無いよう
プロジェクター選びの参考にしてください

「昼間でも見れる」プロジェクターの選びかた・基準は?

昼間も明るいプロジェクター

「お昼間でも見れる」とひと口に言っても、投影のキレイさ・見やすさはいくつかの要因が影響しています。

プロジェクターの写りを決定する要素は

  1. 発光量・輝度(ルーメン・ANSIルーメン)
  2. 部屋の明るさ(照度)
  3. 解像度

これら3つで「映像の見やすさ」が決まります

山頭火

簡単に説明しますね

発光量(輝度)は最重要 「ルーメン」と「ANSIルーメン」のちがいは?

光の強さ:輝度は最重要

プロジェクターを買った後で明るさを変えることはできません

この明るさの単位には「ルーメン」と「ANSIルーメン」が使われ、どちらも数値が大きくなるほど明るくなり、映像はハッキリと見えます。

よし子さん

「ルーメン」と「ANSIルーメン」は何がちがうの?

山頭火

ルーメンは「ある1ヶ所の明るさ」
ANSIルーメンは「明るさの平均値」です

光には「中央がもっとも明るく端はやや暗くなる」という性質があります。懐中電灯で壁を照らしたのを想像するとわかりやすいですね。

商品の明るさを強調したいメーカーは、最も明るいところのルーメン数を使う場合が多いのですが、実際に大事なのは画面内の平均的な明るさです。ルーメンはすごいけど、スクリーン内で光のムラが目立つ😅なんてことにもなりかねません。

そこで、2000年ごろからはANSIルーメン(American National Standards Institute)というスクリーンを9分割し、その平均の明るさをとる計測方法が登場しました。

現代のプロジェクターは高品質化し、明るさのムラは生じにくくなっています。ですがハズレを引かないためには、ANSIルーメンで表記された商品がおすすめです。

うす明るい部屋で100インチサイズ投影の場合、ルーメンなら3000・ANSIルーメンなら200が最低必要な光量です。

部屋の明るさ 照度(しょうど)

光を投影するプロジェクターにとって一番やっかいなのが「周囲の明るさ(照度:しょうど)」です。当然ながら、眩しいほどの照明のもとではどんなに発光量の大きいものでもキレイに映すことはできません。お昼間のプロジェクター使用で問題なのはこの照度です。

一般的に、昼間の屋内の照度(しょうど)は100〜150Luxていど。この明るさでプロジェクターを使う場合、最低3000ルーメン、ANSIルーメンなら200以上が必要です。

一方、日が落ちた夜間は、薄いライトで照度10〜0Luxとなるので、2000ルーメン/100〜150ANSIルーメンでもキレイに投影することができます。

なお、明るさ・照度はお手持ちのスマートフォンで簡単に計測できます。
プロジェクター購入後に投影予定の場所を計測してみましょう↓

💡 Lux Light Meter Free

💡 Lux Light Meter Free

Doggo Apps無料posted withアプリーチ

我が家のリビングでは、昼間に照明を切り照度130〜170ていどでした。発光量3000ルーメン(または200ANSIルーメン)以上の製品を選ぶ必要があります。

解像度はHD・720p以上を選ぶわけ

投影する画質自体が粗いと、どんなに光量があっても美しく投影されません。

山頭火

ここで、画質レベルについて確認しておきましょう

画質レベル画素数
SD
エスディー
720×480
480p

DVDと同じレベル
HD
ハイビジョン
1280×720
720p
フルHD
フルハイビジョン
1920×1080
1080p
4K
ヨンケー・ウルトラハイビジョン
7680×4320
4320p

元が高画質でも低画質なプロジェクターを通った瞬間に画質を落とされてしまいます。Amazonプライムビデオ、ネットフリックスなどのサービスは高画質で配信されています。プロジェクターが対応していないと勿体ないですよね。

SD画質はアナログテレビの標準画質で、これはひと昔前のDVDと同じレベル。綺麗なスマホの画面やハイビジョンテレビに慣れた今の感覚で見るとかなり物足りなくなります。

なので、せめてHD(720p)以上、できればフルHD(1080p)を選びましょう。

必須機能:『自動ピント調整』と『台形補正』

プロジェクターをいろんな場所で使いたい場合、必ず『自動ピント調整』『台形補正』のある機種を選びましょう。

場所を変えるたびに手動でピントを合わせるのは面倒ですし、台形補正があれば狭い部屋でも大画面を楽しむことができます。

映像出典:XGIMIシリーズ

まいど手動でピント合わせはツライ
斜めから投影しても四角い画面に調整してくれます

昼間も大活躍!おすすめプロジェクターをメーカー別に紹介

ここからは具体的に、お昼間利用にもお勧めなプロジェクターをご紹介します。

山頭火

端的にいえば、条件を満たしつつコストパフォーマンスにすぐれたAnker(アンカー)とXGIMI(ジミー)がおすすめです。

Anker(アンカー)

山頭火

いま、勢いにのりまくっているのがアンカー製プロジェクター、発光量はANSIルーメン表記です。
その中で 200ANSIルーメン以上の高輝度なものをご紹介します。

Anker(アンカー)製プロジェクターのメリット
  • ANSIルーメン明るさ選びが安心
  • アンドロイド搭載、単体で全ての動画サービスが楽しめる
  • 最大24ヶ月の長期保証あり
  • 全機種オートフォーカス搭載で設定がラク
  • 高性能スピーカー搭載
  • typeC充電に対応

USB-typeCで充電ができるのは配線がゴチャつかないから嬉しい限り。モバイルプロジェクターから給電できるというメリットもあります。

Anker Nebula Capsule II|200ANSIルーメン

200ANSIルーメンでお昼間も安心
コンパクトな本体でモバイル性もバツグン、屋外イベントやキャンパーにも大人気です。

Anker Nebula Vega Portable|500ANSIルーメン

500ANSIルーメンの本格映像とバッテリー内臓のモバイルモデル。家中どこでも持ち運びできるのでいろんな場所で使いたい方におすすめです。

HDR10でコントラストが凄いクッキリとした映像が楽しめます。

Anker Nebula Cosmos|900ANSIルーメン

XGIMI(ジミー)|世界シェア2位!筆者のイチオシメーカーです

中国で2013年に創立したXGIMI TECHNOLOGY。高機能&低価格の製品を次々と開発し、2018年には巨大な中国市場でシェア1位。人気の理由は誰でも簡単に見れる充実した自動調整!コロナ禍ではお家プロジェクター需要に応えて世界シェア2位まで躍進しました。

日本市場でも存在感を増している新進気鋭のプロジェクターメーカーです。スタイリッシュな見た目にHarman/Kardon製スピーカー、迫力ある音質にも定評があります。

XGIMI製プロジェクターのメリット!
  • ANSIルーメン表記
  • アンドロイド搭載、単体で各種動画サービスが見れる
  • 低騒音(30デシベル以下)で静かなシーンでも気にならない
  • 各種賞を受賞!スライリッシュな外観にうっとり
  • 一般的となったANKER より『珍しさ』あり
  • 高速ピント調節や自動画面補正が充実
  • リモコンがBluetooth!向きを気にせず使える!
山頭火

日本での知名度はAnkerに劣るものの、製品の質はXGIMIが上。これ定説です。

XGIMIの2021年発売最新モデルについてはこちらの記事で紹介しています。どれも明るさは十分で、昼間でも楽しめるプロジェクターばかりです。

XGIMI MOGO Pro|300ANSIルーメン

MOGOの強化版。300ANSIルーメン、最もキレイに投影できるリアル解像度は1080Pとアップグレードされています。

現在はさらに自動台形補正高速オートフォーカスを搭載したMoGo Pro+が人気!

XGIMI Halo |800ANSIルーメン

モバイルプロジェクター最強の明るさ(輝度)の900ANSIルーメンは、少々の光にびくともしません。

アマゾンではよくクーポンが付けられているので確認してみてください

最新モデル XGIMI Elfin|800ANSIルーメン

XGIMIが楽天市場で先行販売中の最新モデル。8月15日に発売予定です。

OSは最新のAndroidTV 10、本体だけでNetflixやゲームなど、コンテンツ再生が可能

\最新機能が全部入り/

/30日間は完全返品対応◎\

高品質かつ格安プロジェクターブランド

安くても機能十分、購入者の評価も高いすぐれたモデルを紹介します。

FANGOR プロジェクター

  • 6000ルーメン
  • フルHD画質(1080p)
  • 外でも2-3H見れるバッテリー内蔵
  • 手動台形補正あり
  • Bluetooth音声出力(本体もスピーカー内臓)
  • 3年保証

15000円以内でここまでのスペックは魅力的。
唯一、注意すべきはアンドロイドを搭載していない点、常に外部入力を必要とします。
※スマホとはiphone/Androidともに無線接続が可能

FIREstickTVファイヤスティック」を持っていたり、用途があえばコスパ最高。(FIREsustickTVを一緒に買っても2万円です)

\FANGORの最新モデルをレビューしました/

【最安】DR.J 小型 Wifiプロジェクター

なんと、アマゾンでは2000円OFFクーポンが配布されています(2021/02/26記事執筆現在)。

それでいて

  • 5800ルーメン
  • 780p(HD画質)
  • スマホ無線接続

などが搭載されています。フォーカスは手動で合わせる必要がありますが、価格以上の製品であることは間違いありません。

こちらも外部入力が必要、音声入力ができるAmazonFire stickがおすすめです

シェアするボタン👇