『popIn Aladdin 2 Plus』『Nebula Nova』価格・スペックを徹底比較!

照明一体型プロジェクター 比較 シーリング一体型プロジェクター popIn Aladdin 2 Plus  Anker Nebula Nova テレビ 画質 価格 徹底比較

2022年4月に登場した2つのシーリング一体型プロジェクター『popIn Aladdin 2 Plus』『Nebula Nova』の価格や性能を徹底比較します。

照明一体型プロジェクターの先駆けブランドであるpopIn Aladdin。

最新作となるpopIn Aladdin 2 Plusポップインアラジンは前作から輝度が700⇨900ANSIルーメンより明るく、最短7秒で起動する高速起動モード搭載。Dolby Digital Plusにも対応し、Wi-Fi・Bluetoothなどの通信規格が最新のものに更新されています。

一方、待望のAnker発 照明一体型プロジェクターNebula Novaネビュラ ノバプロジェクター性能はpopIn Aladdin 2 Plusと同等で、価格は約一万円安い設定です

山頭火

価格が安いAnkerが良いのか?細かい違いを解説していきます。

壁がエンタメ空間に早変わり
この記事を書いた人
山頭火🔥

プロジェクターライフ爆進中のブロガー山頭火です。シーリング一体型プロジェクターはこれまでpopIn Aladdinの独壇場でしたが、Ankerが参入したということでとてもテンションが上がっています🔥

レビューなど、プロジェクター関連記事はこちらから🔽

『popIn Aladdin 2 Plus』『Nebula Nova』を徹底比較

まずは2つのスペックを比べてみましょう。

\iphoneと相性◎/
popIn Aladdin 2 Plus
popIn Aladdin 2 Plus
\安さ・照明機能はこちらが○/

Nebula Nova
サイズ直径476×高さ145mm直径478 x 高さ170mm
価格(税込)¥109,800¥99,990
画質フルHD
1920 x 1080画素
フルHD
1920 x 1080画素
スクリーンサイズ40~120インチ40~120インチ
明るさ900ANSI
ルーメン
800ANSI
ルーメン
スピーカー8W×2
Harman/Kardon製
DolbyAudio
10W×2
DolbyAudio
通信規格無線LAN(Wi-Fi)
2.4/5GHz
Wi-Fi 6(IEEE 802.11b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
無線LAN(Wi-Fi)
 2.4/5GHz
802.11a / b / g / n / ac
Bluetooth 4.2
ミラーリングAirPlay
ホームネットワーク
Chromecast
テレビ放送
推奨チューナー
別売りワイアレスチューナー
推奨:ピクセラ Xit AirBox
別売りワイアレスチューナー
推奨:I-O DATA
照明機能最大4300lm
最大8畳
2800~600K
最大6100lm
最大14畳
色温度:2700〜6500K
保証期間通常1年
有料プランで2年まで
Ankerに会員登録で
無料で24ヶ月へ延長
その他 特徴高速起動モード7秒で起動
騒音35~37db程度

子ども用アプリ多数
オートフォーカス搭載
騒音35~50db程度
popIn公式ショップAnker公式ショップ
『popIn Aladdin 2 Plus』『Nebula Nova』比較表

本体価格はpopIn Aladdin 2 PlusがNebula Novaより約1万円高くなっています

もともとAnkerはコスパの良さが売りのメーカーなので今回も価格を抑えている印象ですが、Nebula Novaの通信規格は前世代の「Wi-Fi5・Bluetooth4.2止まり」です。popIn Aladdin 2 Plusが最新のWi-Fi6とBluetooth5.0に更新されて混線や通信範囲が強化されているので気になるところです。今持っている通信機器が最新の場合はNebula Novaではその性能を生かしきれないことになります。ただ、スピーカー出力や照明機能ではNebula Novaの方がわずかに優っているため総合的に見るとやはりAnkerはコスパが高いと言えます

スピーカーの音量はNebula Novaが10W×2、popIn Aladdin 2 Plusは僅かに劣る8W×2です。もともと照明としての適応がNebulaが14畳まで、popInが8畳までなので出力全般に差があります。

山頭火

照明も兼ねているので部屋の大きさも考慮する必要があります。

プロジェクターとしての画質や明るさはほぼ同じです。画質はどちらもフルHD、明るさはNebula Novaが800ANSIルーメンに対してpopIn Aladdin 2 Plusが900ANSIルーメンとわずかに明るいですが、100ANSIルーメンの違いは実際にはそう大きくありません。

ちなみにANSIアンシルーメンとは画面全体の明るさの平均値です。一般的な「ルーメン」に比べて数値は小さくなりますが300ANSIルーメンでも昼間から楽しめる明るさです。

設置場所と画面サイズの関係|どちらも変わりなし

山頭火

設置基準や画面サイズについて見てみましょう

こちらはpopIn Aladdin 2 PlusとNebula Novaの投影距離と画面サイズの関係(投影比)をそれぞれ並べたものです。

投影距離と画面サイズはほぼ同じです。数センチの僅かな差ですが、popIn Aladdin 2 Plusの方が近くで大画面が可能です。

使うお部屋でシーリングから投影予定の壁までの距離を測って「どのくらいの画面サイズが可能なのか」確認してみましょう。

小さな部屋やシーリングの位置が悪いなど、「投影距離がとれない場合」は据え置き型の短焦点プロジェクターの方が、部屋の端から端までの距離が取れ大画面が楽しめるのでおすすめです。中でも画面調整がフルオートになって持ち運びにも便利なXGIMI Halo+が最高です。

また、レンズシフトというレンズ自体の向きが動いて垂直方向の位置調整ができる機能でもpopIn Aladdin 2 PlusとNebula Novaともに32度のずらしが可能

壁にエアコンや梁があるなどで”もっと下の方にずらしたい場合”も対応できるようになっています。

Ankerより「レンズシフト」

使い勝手|違いはTVer?iphone持ちならpopIn Aladdinがおすすめな理由

画質や設置条件はほぼ変わりありませんでした。次に製品の使い勝手を比べてみましょう。

主要な動画アプリはどちらも対応

使い勝手を大きく分けるのは内蔵OSですが、どちらもAndroidをベースにしたOSを搭載している点は同じです。ただし、popIn Aladdinの場合はAndroidをベースにした独自OSですのでGoogleのアプリストアにはアクセスできません。その変わりに、popIn Aladdinには大手アプリは出荷時にプレインストールされていますし、安全面などをクリアした厳選アプリをダウンロードできる「App Selection」も用意されています。

一方のNebula NovaにはAndroidTV9.0が搭載されているため使えるアプリ数は3,600個以上になります。

山頭火

メインになる大手の動画アプリ(YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Disney+など)はどちらでも楽しめます。
ただしTVerはpopIn Aladdinには未だ対応していません、Nebula Novaではダウンロード可能です。

よし子さん

Androidのアプリストアは数がたくさんあっても英語のみや実際には使えないアプリも多い状態です。その点popIn Aladdinの方が整理されていて使いやすいですね♪

popIn Aladdinは『Aladdin Connector』でHDMI接続が可能

通常のプロジェクターならHDMIケーブルを挿せばゲーム・DVDプレイヤーなどの画面をプロジェクターで楽しむことができますが、シーリング一体型の場合は天井なので有線接続はできません。

popIn Aladdinには別売りですが『Aladdin Connector』というHDMIをWi-Fi経由でpopIn Aladdinへ転送するアイテムがあります。映像出力機器を接続するとpopIn Aladdinのアプリ『HDMI接続』からゲームなどを見られるようになるのでとても便利です。

山頭火

Nebula Novaには同じようなHDMI接続はないのでpopIn Aladdinの大きなメリットですね。

『ミラーリング』に違いありAirPlayとChromecastの違い

山頭火

ミラーリングには両者で明確な違いがあり、iphone持ちの方にはアラジンがおすすめです。

popIn Aladdin 2 PlusはiphoneやiPad(アップル製品)のミラーリング方式(AirPlay)を採用。Nebula NovaはChromecastを採用しています。

AirPlayはiphoneやiPadの画面をそのままの状態でミラーリング(反映)する機能。単純に「スマホ画面が大きくなって投影されている状態」です。iphoneなどアップル製品を持っている方ならこの方式がとても馴染みやすいでしょう。

一方のChromecastは厳密に言えばミラーリングではなく、スマホで再生しているコンテンツを連携先の機器で別に再生するというものです。スマホとChromecastが同じ動画を同時・別々に再生している状態なので、iphoneの画面をそのまま反映するAirPlayとは異なり、再生可能なコンテンツはChromecastに対応したものに限られます大手動画サービスはほぼChromecastに対応していますが、使う予定のサービスはあらかじめ確認しておきましょう。

AirPlayはApple製品に限られますが、Chromecastはiphone・iPadからでもアプリが対応していれば利用可能です。

→Chromecast対応アプリ一覧

どちらもテレビを見るためには別売りワイヤレスチューナーが必要(popIn Aladdin の方が便利)

popIn Aladdin 2 PlusとNebula Novaでテレビを見るためにはテレビ信号をワイヤレスで本機へ飛ばす『別売りのワイアレスチューナー』が必要です。アプリを使いテレビを見ることになるため各社推奨TVチューナーがあります。

推奨機器

popIn Aladdin:t AirBox(ピクセラ)

Nebula Nova:I-O DATA製チューナー(nasneも使用可能)

アイ・オー・データ
¥19,800 (2022/04/30 09:52時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

Nebula Novaの場合は『Nebula Nova+スマホ+チューナー』の3つが必要ですが、popIn Aladdin 2 Plusの場合は『アラジン+チューナー』の2つの間で完結するのに注目です。スマホなしでも機器間で連携が取れるためpopIn Aladdinの方が日常使いのテレビとして利便性が高くなります

山頭火

Nebula Novaの場合、推奨されているI−O・データ製チューナーよりも「nasneの方が便利だ」と言う声もあります。

というのも、Nebula NovaにはGoogleストアからアプリ『torne mobile』がダウンロードでき『Nebula Nova+nasne』だけのテレビ環境が構築できるからです。

いちいちスマホからミラーリングする必要がなく、nasne自体の使い勝手もいい(ハードディスクも一体になってます)のでAndroidTVにはnasneもおすすめです。※popIn Aladdinのアプリコレクションにはtorne mobileはありません。

popIn Aladdin 2 Plusとテレビチューナーの接続方法

照明はAnker Nebula Novaが高性能

山頭火

忘れてはいけないのが照明(シーリング)としての役割です。

popIn Aladdin 2 Plus
popIn Aladdin 2 Plus

Nebula Nova
サイズ直径476×高さ145mm直径478 x 高さ170mm
照明機能最大4300lm
最大8畳
2800~6000K
最大6100lm
最大14畳
色温度:2700〜6500K
『popIn Aladdin 2 Plus』『Nebula Nova』照明比較表

両者では出力に差があり、popIn Aladdin 2 Plusの場合はやや出力が弱く、推奨されるのは最大8畳まで。一方のNebula Novaは最大14畳までカバーできる明るさがあります。

広い部屋にはpopIn Aladdinは力不足なので注意が必要です。

また、どちらも色調100段階×調光100段階とほぼ無段階調整の細かなライト設定が可能ですが、そもそもの明るさと色調幅が違うので、照明としてはNebula Novaの方が優秀です。

まとめ|テレビなど使い勝手はpopIn Aladdin 2 Plusが優秀

popIn Aladdin 2 PlusとNebula Nova比較まとめ
  • 価格はNebula Novaが一万円安
  • プロジェクター性能や設置条件はほぼ同じ
  • どちらも外部チューナーでテレビ視聴可能
  • iphoneとの相性が良いのはpopIn Aladdin
  • popIn AladdinはTVerに非対応(Nebula Novaは対応)
  • popIn Aladdin 2 Plusは無線機能が最新
  • popIn Aladdinなら無線HDMI (別売り)も可能

シーリング一体型のプロジェクター2つを比較しました。

価格は一万円高くなりますが、多くの方にとって後悔しないのはpopIn Aladdin 2 Plusでしょう。popIn Aladdinは壁時計など実用的なコンテンツが初めからインストールされていて普段のテレビ視聴にも向いています。iphoneとのAirPlayや無線HDMIのアクセサリーなどもあり購入後の拡張性にも優れていますね。

山頭火

新しいpopIn Aladdin 2 Plusは最新のWi-FiやBluetooth規格にも対応しています。今後何年も使うと考えれば新しい基準に揃えておきたいところ。

一方のAnker初照明一体型プロジェクター『Nebula Nova』は価格が安いわりにスピーカーの迫力や照明機能は優れています。中でも照明範囲については、popIn Aladdin 2 Plusが最大8畳までなのに対して、最大14畳までと大きな違いがあります。

基本的にはpopIn Aladdin 2 Plusが優秀ですが、使う部屋によってはNebula Novaの一択になります。

シェアするボタン👇