【XGIMI MoGo Pro +】は何が変わった?最新モデルの特徴を解説!

XGIMI MoGo Pro とXGIMI MoGo Pro +の違い Anker(アンカー)とXGIMI(ジミー)の比較ガジェット
ガジェット

こんにちは、ホームシアターが趣味なブロガーの山頭火です。

この投稿では、XGIMI の最新モバイルプロジェクター『XGIMI MoGo Pro +』について、従来の『MoGo Pro 』と何が違うのかを解説します。

山頭火
山頭火

この機種の登場でモバイルプロジェクターはXGIMI MOGO Pro+の一強時代となりました。パワフルな性能のすべてをお伝えします。

\公式ストアglimpseは手厚いサポート付き/
\最新・最強のXGIMIはこちら/

『MoGoPro』と『MoGoPro+』を比較

✅ まずは全体のスペックを見てみましょう。


MoGo ProMoGo Pro+
デザインXGIMI MOGO ProXGIMI MOGO Pro +
価格¥69,800¥80,080
搭載OSAndroid TV 9.1Android TV 9.1
サイズ 10.5 × 9.5×14.6 cm10.5 x 9.5 x 14.6 mm
重さ900g900g
投影方式DLPDLP
投影サイズ30-10030-100
明るさ(輝度)300ANSI
ルーメン
300ANSI
ルーメン
解像度フルHD(1080p)フルHD(1080p)
◎XVUEイメージエンジン搭載
XVUEイメージエンジンを搭載
コントラスト比1000:11000:1
台形補正オート
垂直および水平方向に
±40度以上調整
水平方向は手動

垂直および水平方向に
±40度以上オート調整

手動も可
入力HDMI×1 USB2.0 ×2HDMI x 1 USB 2.0 x 1
操作Bluetoothリモコン
スマホから
Bluetoothリモコン
スマホから
電源 DC DC
バッテリー動画4時間再生動画4時間再生
最大投射距離
自動フォーカス◎ 高速オートフォーカス
Bluetoothスピーカーモード
オーディオ性能Harman-Kardonスピーカー
3Wx2基
Dolby対応
Harman-Kardonスピーカー
3Wx2基
Dolby対応
HDRHDR10HDR10
XGIMI 『MOGO Pro』と『MOGO Pro+』の違い

この中で主な共通点は以下

  • 解像度:フルHD 1080p
  • 最新Android TV 9.1搭載
  • Harman-Kardonスピーカー
  • HDR10で明暗のくっきりした映像

これらはXGIMI MoGoシリーズの特徴といえます。
基本性能はそのまま引き継いだカタチですね。

そして気になる異なる点は以下の5つ

  • 外観
  • 価格
  • イメージエンジン
  • 台形補正
  • オートフォーカス速度
山頭火
山頭火

問題は、この5つの変更点に価格差1万円の価値はあるか、ですね

順に見てみましょう

『MoGoPro』と『MoGoPro+』 の違い

まず外観について、どちらもサイズは10.5 × 9.5×高さ14.6 cmと四角いカタチですが、ボディカラーは、MoGo Proが廉価版MoGoと同じシルバーカラーなのに対して、 MoGo Pro+のカラーはブラックとなっています。これは上位機種のHaloと同じでなかなか高級感があります。

プロジェクターは周囲を暗くして使うことが多いですが、このときに白っぽいシルバーはやや視界の邪魔になります。黒色のPro+は闇に溶け込むので気になりません。

もともと美しい本体の網目構造ですが、大人っぽい黒色は投影中も主張せずクールな雰囲気ですね。

最新イメージエンジン『XVUE』を搭載

XVUEイメージエンジンを搭載

XVUEエンジンはXGIMI社が独自に開発した最新の映像エンジンです。ソフトウェアの能力で、同じ300ANSIルーメンでも色合いが鮮やかになり、ノイズカットでシャープな映像を楽しめるようになりました。

MoGo Pro+で初めて採用されており、ほかの上位機種にも搭載されていないためMoGo Pro+は10万円超えのHaloに劣らない映像を映し出すことができます。

映像の比較動画をYoutubeから見てみましょう。

Android TV搭載のモバイルプロジェクター、XGIMI『MoGo Pro+』と『MoGo Pro』を比較してみた!!
ULTRA-B Vlog

白色の表現・鮮やかさが全く違いますね。これだけでも『Pro+』を選ぶ理由になりそうです。

完全にオートな台形補正と高速フォーカス

プロジェクターでもっともストレスがかかるのが”ピント調整”と”画面位置合わせ”ではないでしょうか。

MoGo Pro+は、”オートフォーカスが高速化”し焦点を合わせるのに最速1秒。さらに”水平(よこ)方向への自動台形補正”を搭載。完全自動で綺麗なアスペクト比が投影されます。

山頭火
山頭火

MoGo Proに限らず、これまでのモバイルプロジェクター(Anker社含む)のオート台形補正はすべて垂直方向のみのでした。水平方向の補正はリモコンを使って手動調整だったので、この煩わしさから解放されるのは嬉しいですね。

まさにモバイル・プロジェクターは、持ち歩きや位置がえが頻回。その度に手動調整は辛すぎました。

✅ 台形補正の様子はこちらの動画で確認できます

MoGo Pro+ 台形補正の紹介
楽天でもXGIMI公式ストアがオープン!
ポイント分お得です

Anker(アンカー)とどっちが良い?ファンの僕でもXGIMIをおすすめする理由

Anker(アンカー)とXGIMI(ジミー)

この記事にたどり着いた方は少なからず「XGIMIとAnkerってどっちがいいんだろう」と思っているでしょう。

筆者はイヤホンから掃除機ロボットにいたるまでAnker製品を愛用しているAnkerファンですが、ことモバイルプロジェクターに関しては

山頭火
山頭火

XGIMIの方がコストパフォーマンスが良い

と考えています。なぜなら、以下の点でXGIMIがAnkerに勝っているからです

  • XGIMI MOGO Pro+で 完全な台形補正を実現
  • Harman/Kardon製のスピーカーを搭載
  • 付属リモコンがブルートゥース対応(Ankerは赤外線)
  • 四角いボディは天井投影がラク(丸型はコロコロ)

完全自動の台形補正機種はAnkerにまだ存在しない

Anker社のモバイルプロジェクターでは、どんな上位機種でも台形補正は垂直方向のみ。水平方向は必ず手動で補正する必要があります。XGIMI MoGo Pro+の完全自動な台形補正に慣れてしまえばもう戻れません。

音質においてもアメリカ生まれの高級音響ブランドHarman/Kardon製のスピーカーを2つ搭載し、迫力あるステレオサウンドが高評です。Anker自体も多くの音響製品を販売していますが、さすがにHarman/Kardon2基には敵いません。

リモコンはBluetoothのXGIMIが圧勝

リモコンは絶対にBluetoothがおすすめ

操作性に直結するリモコンですが、Ankerは主に赤外線リモコン(現行のNebulaCapsuleIIのみBluetooth)、XGIMIは全機種がBluetoothリモコンです。

両者の違いは歴然で、赤外線は本体に向けていないと反応しないことが多く、距離も近くでしか使えません。専用のスマホアプリを提供してはいますが、スマホをいちいち操作するのが面倒です。

赤外線リモコンは不評
Anker Nebula の赤外線リモコンはAmazonレビューでも不評

一方でXGIMIのBluetoothは、リモコンの向きは関係なく距離も部屋中で反応してくれます。この違いはかなり大きいですね。というか、Ankerは最近発売された新機種でさえまだ赤外線リモコンなのが謎です。全種Bluetoothリモコンになってくれればファンとして嬉しいのですが…。

XGIMIをスマートフォンで操作する場合はスマホアプリ「アンドロイドTV」を使います。ちゃんとiphone版もあるので安心してください。

Android TV

Android TV

Google LLC無料posted withアプリーチ

山頭火
山頭火

さらに言えばXGIMIはお手持ちのBluetoothマウスや、有線&2.4GHzワイヤレスマウス(USBレシーバー有)にも対応しています。つまり、ポインター操作はこれで最強です。詳しくはこちら(外部リンク)。

四角型なので天井投影がラク

Anker Nebula Capsuleのように、Ankerモバイルプロジェクターの多くは丸型です。これで困るのが天井をスクリーンにして投影したいときでしょう。

丸型の本体は真上を向けたつもりでも左右にズレていたり、途中で転がって向きが変わってしまうことがあります。細かい性格だと「本当にこれが真上を向いているのか?」とよく気になります。

もちろん、ちゃんとした三脚があれば解決するのですが、ない場合は

  • 両サイドをティッシュ箱でおさえる
  • 下にタオルなどを敷く

といったコロコロ対策が必要でした。

その点、XGIMIの場合は四角い本体なので、そのまま置いても安定します。

山頭火
山頭火

確実にAnkerが勝っている点は充電方式(USB-TypeC)ぐらいでしょうか。XGIMIは全機種DC電源です。

USB-TypeCを搭載したAnkerの製品はモバイルバッテリーから充電できるのが大きな魅力。これはモバイル性能に直結するところなので、XGIMIも早く対応してほしいところですね。

\サポート充実の公式代理店がオススメ/
タイトルとURLをコピーしました