HUAWEI Band6とMi Band5を比較!完全に凌駕している件

HUAWEI Band6 Xiaomi Mi band5 比較ガジェット
ガジェット

HUAWEIファーウェイが5月10日に発売するスマートウォッチ「HUAWEI Bandファーウェイ バンド6」

HUAWEI Band6はかなりイイ!

かなり良いスマートバンドです。

先日発売されたXiaomiシャオミMi bandミーバンド5もコスパに優れた良品ですが、早くもそれを超えるものが登場してしまいました😅

今回はHUAWEI Bandファーウェイ バンド6とMi Bandミーバンド5、両者のスペック・できることを比較していきます。

結論から言うと、価格差を考慮しても HUAWEI Bandファーウェイ バンドの方がおすすめです。

 

🔽最安の購入方法はこちら🔽

Sponsored Link

「HUAWEI Band 6」VS「Mi Band5」スペック比較

商品名HUAWEI
Band 6
Xiaomi
Mi Band 5
外観
デザイン
HUAWEI Band 6外観 デザインmiband5 デザイン
価格
(税込)
7,800円4,490円
ディスプレイ長方形
1.47インチ
有機EL
AMOLED
フルビューディスプレイ
長方形
1.1インチ
有機EL
AMOLED
本体のみ
重量
18g11.9g
バッテリー14日間14日間
バッテリー
容量
125mAh
充電時間2時間2時間
バイブ
充電方式接触式接触式
スピーカーなしなし
防水性能5気圧防水
最大50メートル
の深さで10分間
5気圧防水
最大50メートル
の深さで10分間
記録心拍数
睡眠状況
酸素飽和度
運動
(歩数・ワークアウト)
心拍数
睡眠状況
運動
(歩数・ワークアウト)
その他
機能
通知
天気
時計
カメラシャッター
アラーム
音楽コントロール
女性の健康管理
通知
天気
時計
カメラシャッター
アラーム
音楽コントロール
女性の健康管理
ワークアウト96種類11種類

ストアリンクストアリンク

スペックレビュー

まず、目に付くのは画面サイズの違い
HUAWEI Bandは長方形の1.47インチ画面で最新の大型化トレンドに合わせてきています。一方のMi Band5は楕円形の1.1インチ、少し軽いとは言え、メッセージ確認や時計としての視認性ではHUAWEI Bandの方に軍配が上がります

次に価格
こちらはHUAWEI Band6の方が3,300円ほど高く、Mi Band5がもう一本買えそうな価格差です。スマートバンドといえば「低価格で高機能」が当たり前になりつつあるので、この3,300円の違いは大きいですね。

ちなみに、海外サイト(アリエクスプレス)では、HUAWEI Band6が5000円で販売されています。少しでも安く入手したい方は(輸送に2週間ほどかかりますが)こちらから購入を検討されてはいかがでしょうか。

クーポンを使った購入方法はこちらの記事で解説しています。

機能面での違い
HUAWEI Bandの血中酸素濃度測定(常時)です。Mi Band5には酸素濃度計測の機能はなく、海外で販売されている最新機種 Mi band6がやっと手動での測定に対応したところ。常時計測できるHUAWEI Bandが大きくリードしています。

HUAWEI Bandは96種類のワークアウトに対応。ただしマイナーなアクティブティも多いため「ランニング」「ルームランナー」などのメジャーな運動だけならMi Bandの11種でも十分です。

山頭火
山頭火

Mi Band5は最近日本で公式販売開始されたものの、製品自体は2020年に発表されたもの。スペックの違いは仕方ないですね。ただ、最新のMi Band6と比較してもやはりHUAWEI Bandの方が高パフォーマンスです。

HUAWEI Band6のここが凄い!

HUAWEI Bando6 全種類 カラーバリエーション
洗練されたデザイン

HUAWEI Band6は今年の覇権バンドです。

対抗馬となるブランドはすでに2021年モデルを発表していますが、各社完成度はHUAWEI Band6に遠く及びません。

HUAWEI Band6の良いところは

  • ゴージャスでスタイリッシュな外観
  • 大きな画面で通知が見やすい
  • ウォッチフェイスが洗練されている
  • 14日間使えるバッテリー

などありますが、目玉はなんと言っても血中酸素レベルの連続測定です。

血中酸素レベル常時測定で可能になること

測り続けてこそ意味がある

血中酸素レベルは肺の機能を反映する指標。昨今の呼吸器感染症では本人が気づかないうちに肺の機能が落ちることもあり、各社スマートバンドにこの機能を搭載しています。

もちろん、2021年版のMi band6も血中酸素計測センサーを持っていますが、自動測定ができず、その都度手動で計測する必要があります。これでは睡眠中や、運動中の酸素濃度を知ることはできません。

つまり、HUAWEI Band6では その他スマートバンドで出来なかった

  • 運動中の酸素濃度計測
  • 睡眠中の酸素濃度の推移計測

と言った
「日常のシーン別で酸素濃度がどう変化したか」を知ることができます。エクササイズも睡眠も呼吸と密接に関係しているので、これは本当に大きな違いです。

GoogleFit に対応!乗り換えてもデータ引き継ぎ可能

Google fit

HUAWEI Bandで計測したデータはGoogle Fitで管理可能。デバイスを変えても前のデータを引き継いで健康管理に活かせます。

ちなみに、XiaomiはGoogle Fitに対応していません。Mi Bandを使っている場合は、次もMi BandかXiaomi製品を選ばないとデータを連続して保管できません。困ったものです。

山頭火
山頭火

今現在、Google Fitで健康データを管理している方なら、シャオミ製品は選択肢にすら上がらないでしょう。

まとめ HUAWEI Band6は2021年の覇権

HUAWEI Band6とMi Band5を比較した結果
以下の点でHUAWEI Band6が優れていました
  • 外観のゴージャス感
  • 画面が大きくグラフが見やすい
  • 血中酸素レベルが常時測定できる
  • Google Fitでデータ管理できる

HUAWEI Band6とMi Band5、完成度が高い商品を比較してもこれだけの違いがあります。

2021年モデルのスマートバンドは各社ともに発表発売していますが、HUAWEI Band6は今年一番の完成度だと言えますね。

\プロモーションもカッコいいですね!/
タイトルとURLをコピーしました