レッドブルが大幅値下げ!6品目が2月1日から安くなる!

レッドブルが『より多くの人へエナジーを』をテーマに2月1日から販売価格を値下げすると発表しました!

通常の250ml缶が241円⇨190円と-50円の大幅値下げ
人気の箱買い24本に適応すると1000円近くの値下げが期待できます・・・

この発表に全国の愛飲者たちは大歓喜!

そこで今回は、正式に値下げが発表されたレッドブルの種類を調査・一覧にまとめました

目次

値下げは全6品目、2月1日から

✔︎ 値下げが発表された6品目

値下げされるレッドブルの6品目
商品名値下げ前値下げ後
レッドブル・エナジードリンク250ml241円190円
レッドブル・シュガーフリー241円190円
レッドブル・エナジードリンク
ホワイトエディション
190円190円
改定なし
レッドブル・エナジードリンク330ml268円235円
レッドブル・エナジードリンク355ml292円245円
レッドブル・エナジードリンク330ml
アルミボトル
296円245円
レッドブルの最新価格表

レッドブル・エナジードリンク250ml(スタンダードサイズ)

[amazon asin=”B005F25MQ0″ kw=”レッドブルエナジードリンク 250ml×24本”]

レッドブル・エナジードリンク330ml

レッドブル・エナジードリンク355ml

レッドブル・エナジードリンク330mlアルミボトル

レッドブル・シュガーフリー

レッドブル ホワイトエディション 価格そのままサイズアップ

(悲報)ショート缶(185ml)は販売終了

なお、最小サイズの185ml缶は販売を終了するとのことです…

近年発売されるエナジードリンクはサントリーのZONeのようにどんどん大型化しています
消費者のニーズに合わせたラインナップに調整しているのでしょう

しかし185ml缶はアマゾンレビューも250mlと同じくらい投稿されている人気のサイズ、買えなくなると困る人もいるでしょう
1月末は185ml缶を愛飲している方の争奪戦ですね

レッドブル値下げはモンスターエナジーが人気だから

レッドブル値下げの原因はモンスターエナジー
この子のおかげ?

そもそも、なぜ今レッドブルが-50円の大幅な値下げに踏み切ったのでしょうか。

背景にはエナジードリンク市場の拡大による生存競争の激化があります。

市場拡大はレッドブルの功績

富士経済によれば、2019年のエナジードリンク市場規模(見込み)は800億円、10年前と比較し約10倍の成長です。
この市場拡大はレッドブルの功績が大きく、Xスポーツやeスポーツなどでイメージを定着させ、いわゆる『栄養ドリンク(ユンケルなど)』から顧客を奪って市場を開拓。
他のエナジードリンクはこれに続きました。

その中で、特にモンスターエナジー(アサヒ飲料)の人気はすさまじく、2020年にはレッドブルを追い越して『人気NO1のエナジードリンク』になります。
その人気の理由が「安くて量が多いから」という回答がもっとも多かったのです。

レッドブルは250mlで275円、それに対してモンスターエナジーは355mlで200円。若者がメインターゲットであるエナジードリンクにおいて安くて多いは正義

今回の大幅値下げは顧客層を奪い返すための戦略なわけですね

レッドブル値下げ ネットの反応

✔︎ネット上でも歓喜の声が上がっています

関連記事:レッドブル185mlが販売終了、悲しみに暮れる人々の反応

拡散しちゃお ♪
目次
閉じる