「新作?モルカー続編?」見里朝希監督が「WIT STUDIO」と新スタジオ発足|次回作・メンバーに期待高まる

トレンド
山頭火
山頭火

モルカーロスの愚かな人類に朗報!

「モルカーの監督」見里 朝希(みさと ともき)さんが、新しいストップモーションアニメスタジオの発足をSNSで発表しました。

【ご報告】 大変ありがたいご縁により、『進撃の巨人』などを制作するアニメ会社「WIT STUDIO」と共にストップモーションスタジオを新たに立ち上げることになりました。今まで以上に作品を作りやすい環境になっていきます。 今後の作品も是非ご期待下さい!

https://twitter.com/Mitotoki/status/1376074910234144775

これには人類みな歓喜

「進撃のモルカー」といった強烈なワードがSNSを飛び交っています

まさに、タイムモルカーに乗って新作が公開された日にタイムスリップしたいですね。

・【バカ売れ】モルカーグッズを総まとめ!

Sponsored Link

次回作のヒント?スタジオ発足記念のPVが公開

✅ 今回の発表とともに、新しいスタジオのPVとなる「Candy Caries」も公表されました。

『Candy Caries』- Stop motion anime PV

キャンディーというタイトル通り、アメ細工っぽいキャラクターが特徴的。そこに見里監督らしいシニカルなストーリーが展開されています。

監督によると「素材はほとんどプラパン」とのこと。

粘土やフェルトなら変化を加えるのも簡単そうですが、プラパン(硬い素材)でストップモーションはとても根気が入りそうですよね。制作過程も気になるところです。

『モルカーの続編』や『完全新作』も気になります。モルカーは1話の制作に1ヶ月かかったとのこと。これも『新スタジオの制作力』が加われば短縮が期待できますね。

見里 朝希監督の新スタジオ スタッフは誰?1人ずつ調べてみた

この新スタジオ、海外からのコメントも多く、日本だけでなく世界中から注目を集めています。

いったいどんな精鋭たちが揃っているのでしょうか、今回のPV公開とともに発表されたメンバーは以下の方々

ディレクター:見里 朝希
アニメーションプロデューサー:山田 健太
2Dアニメーション:田中 正晃
音楽:やまだ豊

これからも制作に関わっていくことは間違いないでしょう。

1人ずつ調べてみました。

ディレクターの見里監督についてはこちらの過去の投稿をご参照ください。

アニメーションプロデューサー:山田 健太 氏

山田健太さんは、もともとWIT STUDIOに務めているアニメーター。調べると、2019年の座談記事で以下のように自己紹介していました。

山田:WIT STUDIO制作部の山田健太と申します。5年前に制作として入社し、3~4年くらい制作進行をやっていました。そこから尺の短い作品を一人で担当したり、昨年は劇場版アニメーションでWIT STUDIO側の制作デスクを務めました。また、弊社は新しく茨城スタジオを稼働しましたので、そちらの運営もやっております。

https://webnewtype.com/report/article/178688/

2019年の5年前なので2014年の入社です。幼いころからアニメが好きで「このクオリティを毎週どうやって作っているのか」と制作に興味をもったとのこと。

2Dアニメーション:田中 正晃

田中 正晃さんは若手のアニメーター。WIT STUDIOの広報インタビューでは以下のように自己紹介しています。

原画、および作画監督をメイン業務として行っています。原画は絵コンテに合わせてカットの設計図をつくる役職です。この設計図に沿って後工程の役職の方々が実際に画面に映る絵素材等を作ってくれるので、絵の上手さだけでなく、伝わりやすく作るという事も求められる役職です。
また、作画監督は原画が作業した設計図のクオリティをチェックし修正する役職です。
演出の意図のくみ取り、絵や演技のクオリティ、キャラの統一等々を確認し必要があれば修正します。

http://www.witstudio.co.jp/recruit/2019/tanaka.html

代表作に『進撃の巨人/劇場版ポケットモンスター みんなの物語』などがあります。

Youtubeでは『明日につながる物語』という短編アニメが公開されています。

音楽:やまだ豊

過去に関わった作品はどれもメジャーなものばかり。どえらい実績の人が混じっていました。

1989年生まれ。洗足学園音楽大学へ入学後、作曲家の渡辺俊幸、松尾祐孝へ師事し、幅広く音楽理論を学ぶ。
2011年、フジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」の音楽を担当し、劇伴作曲家としてデビュー。その後、CMや映画にも活躍の場を広げ、TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」OSTは、YouTubeでの再生回数が3000万回を超え、中でも、代表作「Glassy Sky」はEminem「Good Guy」(Album『KAMIKAZE』収録曲)にサンプリングされるなど世界的に注目されている。2017年以降拠点をLAに移し、中国映画「悲伤逆流成河 -Cry Me A Sad River-」など、海外作品にも力を入れている。

http://www.current-tokyo.net/composer/yutaka_yamada/

東京喰種のサントラは大人気

東京喰種-トーキョーグール- OST Tokyo Ghoul – Licht und Schatten – Yutaka Yamada
山頭火
山頭火

見里監督はもちろん、とても個性的な精鋭メンバーだと分かりました。

おわりに

見里 朝希監督がWIT STUDIOと発足したストップモーション・アニメスタジオについて新作やメンバーを調べてみました。

見里監督の過去作を見れば「モルカーみたいに可愛い作品」ばかりじゃないのがわかります。むしろ、ドロっとしたダークな世界観を描くのが好きなんだろうという印象です。

新たな制作力を得た見里監督の次回作は、モルカー?完全新作?とても気になりますね。今後の楽しみが増えましたね。

タイトルとURLをコピーしました