【SDGs】ラベルレスペットボトル飲料のおすすめ一覧

『環境にやさしい』

『捨てやすい』

そんな理由から、ラベルの無いペットボトル『ラベルレスボトル』の市場が拡大しています。シンプルな見た目は集中力の邪魔にならず、ラベルを剥がすわずらわしさもありません。

とても小さなことに思えますが、SDGs『Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)』の精神にもつながる大事な取り組みです。

そして何より、ラベル付きよりもちょっとだけ安い(これ大事)
毎日1本ずつ飲む場合は月に200円以上の節約になります。

山頭火

今回は、そんなラベルレスボトルの主な商品を一覧で紹介します。

『お水』『お茶』『炭酸水』とカテゴリーに分けて、今お得なストアを選べるようにしました。

ラベルレス飲料『ミネラルウォーター』『お茶』『炭酸水』をまとめて紹介

ミネラルウォーターのラベルレス ペットボトル飲料

コカ・コーラ い・ろ・は・す天然水ラベルレス 560ml ×24本

ラベルレス ミネラルウォーター いろはす 天然水
コカ・コーラ い・ろ・は・す天然水
ラベルレス 560ml ×24本
I LOHAS(い・ろ・は・す)
¥1,936 (2021/03/12 23:32時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

アサヒ飲料 おいしい水 天然水 ラベルレスボトル PET600ml×24本

ラベルレス 天然水
アサヒ飲料 おいしい水 天然水
ラベルレスボトル PET600ml×24本
おいしい水
¥1,882 (2021/03/12 23:33時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

お茶のラベルレス ペットボトル飲料

コカ・コーラ 綾鷹 ラベルレス 525ml PET ×24本

ラベルレス 綾鷹
コカ・コーラ 綾鷹
ラベルレス 525ml PET ×24本
綾鷹
¥2,036 (2021/03/12 23:20時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

コカ・コーラ 爽健美茶 ラベルレス 500ml ×24本

ラベルレス 爽健美茶
コカ・コーラ 爽健美茶
ラベルレス 500ml ×24本
爽健美茶
¥1,992 (2021/03/12 23:21時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

サントリー 伊右衛門 ラベルレス(旨み茶葉入り)お茶 525ml ×24本 ペットボトル飲料

ラベルレス 伊右衛門
サントリー 伊右衛門 ラベルレス(旨み茶葉入り)
お茶 525ml ×24本 ペットボトル飲料
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

伊藤園 エコ ラベルレス おーいお茶 緑茶 カフェインゼロ 470ml×24本

ラベルレス おーいお茶
伊藤園 エコ ラベルレス おーいお茶
カフェインゼロ 470ml×24本
おーいお茶
¥2,300 (2021/03/12 23:23時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

「アサヒ 十六茶麦茶」 お茶 ラベルレスボトル  660ml×24本

ラベルレス 十六茶
「アサヒ 十六茶麦茶」 お茶
ラベルレスボトル  660ml×24本
十六茶
¥2,100 (2021/03/12 23:28時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

炭酸水のラベルレス ペットボトル飲料

【強炭酸】コカ・コーラ カナダドライ ザ・タンサン ストロング ラベルレス 430ml ×24本

ラベルレス TH TAN SAN
【強炭酸】コカ・コーラ カナダドライ ザ・タンサン
ストロング ラベルレス 430ml ×24本
CANADA DRY(カナダドライ)
¥1,471 (2021/03/12 23:35時点 | Amazon調べ)
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

[炭酸水] サントリー 天然水スパークリング レモン ラベルレス 500ml ×24本

ラベルレス スパークリング 天然水
炭酸水] サントリー 天然水スパークリング レモン
ラベルレス 500ml ×24本
\今年最後のスーパーセール開催中!まずはエントリー🔽/
楽天で探す▶︎

ラベルレス飲料はコンビニで見かけない?通販でしか売っていない理由

これだけ人気のラベルレスボトル

身近なコンビニでも売ってほしい

という方も多いでしょう

しかし、ラベルレスでは「商品の差別化がしにくい」「表示義務がはたせない」といった問題からコンビニなどでは販売しにくいのが現状です。

ラベルには本来、商品を魅力的にみせるイメージや売り文句が印刷されています。
消費者に手にとってもらうには、商品が沢山ならんだ中から選んでもらえるようなラベルデザインが必要です。

また、表示義務がある原材料についてもラベルがないと印刷することができません。

2020年夏、サントリー伊右衛門が『首掛けラベル』という方法でコンビニ販売を行いましたが、これも完全なラベルレスではありませんでした。

山頭火

ラベルレスではバーコードが印刷できないのも大きな問題です

その点、箱売りが基本の通販では「24本入りケースが1つの商品」となり、箱の外装に成分・原材料を表示すればよいため問題ありません。
選ぶときも、通販サイトの写真を見て買うのでラベルが不要なわけです。

シェアするボタン👇