『ファッキング村』に負けない!?一風変わった日本の地名たち

珍地名 変わった地名 駅名雑記
雑記

オーストリアの「Fucking:フッキング村」が、来年1月1日から「Fugging(フッギング)村」に名称を改めると発表しました。

改名の理由は「Fucking(英語圏では性行為の意味)という地名から、村入り口の標識を笑い物にするような心ないSNS投稿が続き、村人たちの我慢が限界に達したから」とのこと。

今回はこのニュースに触発され、日本にある”変わった地名たち”について調べてみました。

Sponsored Link

がっかり島 岩手県

がっかり島は岩手県宮古市の真崎海岸にある無人島です。

この辺りでは岩場で切り立った場所のことを『がっかり』と表現するのが由来と言われていますが諸説あります。

島は特に整備されておらず、橋や定期船も出ていないので、上陸には漁船で近づいて小船で近く必要があります。

この海域ではアワビ漁が盛んですが、がっかり島の周囲ではなぜか取れず、魚も釣れないというガッカリエピソードもあるようです😅

島の写真を探してみました、どうやら近くの海岸から見えるよう..

引用元:https://ankyo.net/

『島』と言うよりは『岩』、さすがにこれは無人島ですね😅

向津具(むかつく)半島 山口県

向津具半島(むかつくはんとう)は、山口県長門市の日本海にある半島です。

地名の由来は、昔この場所にあった「向国(むかつくに)」という地名が転じたものだと言われています。

美しい棚田や、日本海が望める千畳敷などもあり、名前の印象とは打って変わって、ゆるやかな景色が続く場所です。

巨根(おおね)橋 鳥取県

鳥取県日南町にある菅沢ダムの北西側にある1994年に建てられた橋です。たった数十メートルの短い橋ですが名前は巨根橋、これはいかに。。

と、思って調べてみましたが、大根橋の由来についてははっきりとした記載がありませんでした。下から見た橋の根本がスゴイのか?などと変に予想してみました。。。

巨根橋・望湖橋は連続した橋です

巨根橋については、その言葉の性質上SNS投稿が多い印象です、、。

特にバイクのドライブコースとして人気なのかな?あやかりたい気持ちもあるんでしょうか。

『半家(はげ)駅』と『増毛(ましけ)駅』

正反対の駅名として有名なのは『半家駅と増毛駅』です。

半家(はげ)駅 高知県四万十

直球ストレート

高知県四万十川沿いにある半家駅は、その絶景も人気な名所です。調べてみると、電車は1日に6本。ローカル電車旅の目的地としても人気のようです。

駅には誰かがふざけて置いたカツラが、、、まだあるんでしょうか?しかし、かなり煽ってますね😅

増毛(ましけ)駅 北海道 廃駅

半家(はげ)駅と正反対の北海道にある増毛(ましけ)駅、残念ながら赤字に伴い2016年12月までで廃線(廃駅)となっていました。

『増毛(ましけ)はなくなり、半家(はげ)は残った』男性諸君、この事実を深く受け止めましょう。。

ちなみに、高知の半家駅から北海道の増毛駅まで電車で移動したらどれくらいかかるのでしょう?

Googleマップで両者を結んだところ、少なくとも1日と4時間かかることが分かりました。半家と増毛、なんて遠いんでしょうか、、、。

後免(ごめん)高知県南国市

高知県にある南国市、その一部はかつて後免町と呼ばれていました。現在でもその名残が駅名として残っています。後免駅では、幼少期をここで過ごした”やなせたかし(アンパンマン作者)”がデザインしたキャラクターや詩を楽しむことができます。

アンパンマンに出てきそうなキャラクターですね、でもこの詩は確かにこわい

昔の武士も”後免町(ごめんちょ)!”なんて遊んでたのでしょうか

日本の変わった地名 まとめ

今回は日本の変わった地名について調べてみました。日本にもオーストリアのフッキング(Fucking)村にも負けず劣らずの名前があって驚くとともに、歴史ある地名はやはり残って欲しいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました