Googleフォトの代わりは?AmazonPhotosへの2通りの移行方法を紹介

googleフォト 代わりガジェット
ガジェット

容量無制限バックアップ&無料が売りであったGoogleフォトが突然のサービス縮小宣言

2021年5月末までで「高画質」画像の無料・無制限バックアップサービスを終了するとのことです

Googleフォトに保存できる画像は2通り

  • 元の画質:無圧縮のデータ(15GBを超えると有料)
  • 高画質:Googleによって圧縮されたデータ(無制限無料)

今までも無圧縮なら有料でしたが、今回の発表ではこの『高画質無制限が撤廃される』とありま

無制限と制限ありでは安心感がかなり違いますよね、スマホカメラのヘビーユーザーなら尚更ですよね^^

今回は

  • Googleフォトの変更内容
  • 変更後の15GBでできること
  • Googleフォトの代わりになるサービス
  • サービス移行の方法は?

について投稿します、『写真を心置きなく撮れる日常』をどうやって確保するか、一緒に考えていきましょう☆彡

Sponsored Link

Googleフォトの変更内容 容量の値段はいくら?

まず、Googleからの正式発表は以下の内容です(写真関連の部分のみ抜粋)

2021年6月1日以降、次のアイテムも保存容量にカウントするようになります
2021 年 6 月 1 日以降に Google フォトにバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画。

Googleフォトヘルプ

 

内容を整理すると

✅ 今まで無料だった高画質(圧縮した写真)無制限を2021年5月まででやめる

ということです

それ以降のデータに関しては、15GBの保存容量を超えている場合に以下のような扱いとなります

新しいファイルや画像を Google ドライブにアップロードすることはできません。

写真と動画を Google フォトにバックアップできません。

Googleフォトヘルプ

なんと、15GBを超えるとアップロードすることが出来なくなります💧

注意点としては、2021年5月末までにアップロードした写真データはカウントされないこと。

2021年6月から15GB分を使い切るまでは今まで通りに利用できます。

15GBを超えそうになったら「容量を買うか、写真を削除するかをGoogleに尋ねられる」ようです

容量の値段は『100GB/月額250円』 2020/11/12時点

✅ 以下は2020/11/12 現在の追加容量の値段です。

年払いにすると少し安くはなりますが、年間に2500円以上はかかってきますね😅

では、gogoleフォトの15GBって どれくらい使えるんでしょう?

Googleフォトの15GBでできることは?どれくらい使える?

Googleは、”変更後も約8割のユーザーは15GBの容量で3年間まかなえる”としています

あくまでも統計上の数値なので、個人の使い方に左右されますが大半のユーザーは直ぐに影響を受けることはないようです。

一般的に、15GBに保存できるのは2MBの写真なら7500枚、1日10枚撮影して約2年間でいっぱいになります。ただし、これは圧縮していないデータの話。Googleフォトで圧縮していればもっと沢山保存できます。

「今、自分は高画質でどれくらいの容量を使っているのか」を調べようにも今は無料なので表示すらされません💧

ただ、今の利用ペースで15GBをどれくらいで使い切るのかを調べることはできます。

Googleフォトで15GBを使い切るまでの期間を確認する

PC版の画面で自分が今のペースで15GBを使い切る期間を調べることができるようになっています

手順は以下

  1. まずはGoogleフォトにアクセスして設定画面へ
  2. 高画質のアイテムの保存容量に関する重要なお知らせです。 詳細を押す
  3. 「Google フォトのストレージ ポリシーに関する重要なお知らせ」にアクセスするのでその中でカレンダーマークに記載している
高画質のアイテムの保存容量に関する重要なお知らせです。 詳細を押す
カレンダーマークを確認する

私の場合は1年間で使い切ってしまうようです😅

 写真はよく撮る方なので困りました💧

次に使えるサービスを探さなくては、、、となりますね

Googleフォトの代わりになるのはAmazonPhotosか

容量無制限 Amazonの写真サービス

Googleフォトの無制限無料がなくなるなら次のサービスを探す。というのは当然の流れ

そこで今現在もっともお勧めなのは『AmazonPhotos』。名前のとおりアマゾンの写真サービスですね。

AmazonPhotosはプライム会員が使える無制限・無圧縮の写真管理サービスです、ビデオは5GBまで無料なので無制限ではありませんが写真なら容量を気にせずにアップロードすることができます。

詳しくは公式サイトを確認してみてください( AmazonPhotosへ)

今まで通りに写真を撮りたいならAmazonPhotosになりますね

Googleフォトの追加容量とAmazonプライム どっちがお得?

Googleで追加の容量を買うとしても年間に最低2500円の費用が必要です。

一方のAmazonプライムは年会費4,900円または月会費500円(税込)となっています。

値段だけを見るとAmazonの方が高いという印象になりますが、プライムには他のサービスもあるので一考の価値はあります☆彡

Amazonプライム 写真以外のサービス

  • お急ぎ配送無料
  • 動画サービス(Prime Video
  • 200万曲が聴き放題の音楽サービス(AmazonMusic
  • 対象電子書籍(マンガ・雑誌・小説)が読み放題(Prime Reading

個人的にはこれを境にAmazonフォトへの移行を進めていく予定です♪

GoogleフォトからAmazonPhotosへの移行 2通りの考え方

✅ 方法は2通りあります、どっちにしましょう

  • 全ての写真をAmazonPhotosに移行する
  • 2021年5月までと6月以降の写真アプリを分けて使う

順に説明します

全ての写真をAmazonPhotosに移行する:PCが必須

✅ これまでの写真も全てAmazonPhotosで管理する方法です。

1箇所に集めておきたいなら過去の写真をGoogleフォトから全て移行する必要があります。

しかし、これには時間と通信環境が必要です。

写真データの持ち出しはGoogle データ エクスポートで実行できますが、大きなデータの移行にはスマホだけでは不十分。パソコンを使った作業となります。加えて、それなりの回線速度がないと作業には数日を要す場合もあります。

ちょっと大変だなぁ、という印象ですよね💧

なので特にスマホユーザーには次の管理方法をお勧めします☆彡

2021年5月までGoogleフォト、6月からAmazonPhotosに移行する:スマホユーザーにお勧め

Googleは「今までに保存したデータはカウントされない」としているので、つまり、2021年5月までのデータはそのまま置いておくことが可能です。

そのため、2021年5月末を区切りにアルバムを『Googleフォト』と『AmazonPhotos』に分けるという考え方です。昔の写真はGoogleフォトで見て、新しい写真は Amazon Photosで見ます。

AmazonPhotosはアプリもあるので、これが一番楽なのではないでしょうか☆彡

ギリギリになって移すのはよくないのでAmazonPhotosを併用しながら、どちらにもアップロードしておくと安心できますね♪

プライムは初回30日が無料、解約が簡単なのでお試ししやすいのも特徴です)

外付けストレージに移すのもあり

クラウドストレージが出てくる前は当たり前だった外付けストレージへの保管、この方法に戻すのも当然ありでしょう

容量当たりの値段も以前より安くなっていますし、AmazonPhotosもプライムの年会費が上がるリスクだってありますからね。ただし自分でやる手間はかかります

ここ数年、普及のために無料だったGoogleフォトが恵まれ過ぎていただけで本来はこれが普通なんですよね〜☆彡

まとめ 

今回はGoogleフォトの無料・無制限の変更を受けて投稿しました。まとめると

  • Googleフォトの無制限無料は2021年5月末で終了
  • 以降のデータは15GBまで無料でそれ以上は追加容量を購入する必要あり
  • 追加容量は100GBで月額250円
  • 代わりになるのはAmazonPhotosプライム特典
  • 2021年5月までで写真アプリを分けるのがおすすめ
  • データは自分で管理する時代に戻るかも

いずれにしろ、『写真を無料でクラウドに置ける時代は終わった』という感じですね😅

年間10億人が利用する写真サービスの維持には膨大な費用がかかるようなので当然といえば当然です

最後まで読んでいただきありがとうございました☆彡

タイトルとURLをコピーしました